人事労務管理の最近のブログ記事

「自動車」と「車」の違いのようなものです...。(...と思います。。。)

厳密に言えば、"語源が違う!"など、学術的になってしまうかもしれません...。
会社によっては、「社員」「準社員」「契約社員」「嘱託社員」「スタッフ」「短期アルバイト」「長期アルバイト」「パートタイマー」...などの区分を設けていますが、これはあくまでも"その会社内の決め事(呼称の違い)"であり、各社独自のモノサシで測っていることになります。ただし、一般的には、
  アルバイト ... 短期間の従業員
  パートタイマー ... 短時間の従業員
という使い分け方をしていることが多いようです。
「"言っていること"と"やっていること"が違う!」
「ほんの少しの"思い違い"と"コミュニケーション不足"」

一般的に労働争議は、会社が法令に違反しているときや、労働条件の不利益な変更、理不尽な要求を従業員に求めたとき、あるいは、従業員が本来の業務処理能力を発揮していなとき、その権利を乱用するときに発生することが多いと思いますが、根底を考えていくと、多くの問題は、「会社は(あいつは)"言っていること"と"やっていること"が違う("言っていたこと"と"やってきたこと"が違う)!」や「ちょっとした思い違い」ということが発端となっているようです。

以前師事していた先生は、労使問題の根源は「ボタンの掛け違い。」と表現されていましたが、まさにその通りだと思います。

とても単純なことかもしれませんが、"労使がお互いに約束を守る努力をすること""共通の目的に向かって協働すること""コミュニケーションを密にすること"がとても大切だと思います。

また、「言った、言わない...。」が原因のトラブルも多く見受けられます。労使双方が誤解なく信頼関係を築けるように、重要な契約事項については、書面で確認をすることをお勧め致します。

あづま事務所WEBへ

 [ sponsor link ]

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち人事労務管理カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはその他です。

次のカテゴリは労働法関連です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。