"社会保険料が安くなります!"というコピーを時々目にするのですが、本当に社会保険料を安くする方法があるのでしょうか?また、その方法は違法ではないのでしょうか?

時々見かけるコピーの通り、"社会保険料を安くする"方法はあります。その方法は(知っている限り)合法なやり方もあれば、残念ながら違法なやり方を指導している場合もあるようです。ただし、合法的なやり方についても、それが適法かどうかは疑問の残るケースもあります。
社会保険料は、「社会保険(主に健康保険・厚生年金保険)」という"保険"に対する保険料という性質を持っていますので、安い保険料は安い給付へと結びつくことになります。「結果として社会保険料が安くなった」という施策ならばまだしも、「とりあえず社会保険料を安くするため」の施策を検討されている企業様につきましては、リスクとリターン(メリットとデメリット)をご検討の上ご判断下さい。

あづま事務所WEBへ

 [ sponsor link ]

このブログ記事について

このページは、katoが2010年2月 1日 10:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「育児休業基本給付金支給申請書の添付書類は毎回必要ですか?」です。

次のブログ記事は「母親を健康保険の扶養家族にしたいのですが、パート収入が130万円以上あります。180万円まで認められるケースがあると聞きましたが、どういう場合でしょうか?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。