年次有給休暇は半日単位でも与えなければいけませんか?("○時間"や半日単位で請求することができますか?)

「年次有給休暇を半日単位で与えなければいけない」という法律はありません。

ただし、多くの企業で半日単位の有給休暇の取得を認めています。有給休暇の半日単位の取得を認めるかどうかは、使用者である会社が決めることができます。就業規則や労働契約で、有給休暇の付与(請求)の単位やその手続きなどを再度確認しておきましょう。(2010年4月より、労使協定を締結することにより、時間単位の年次有給休暇制度を導入することができます。)

あづま事務所WEBへ

 [ sponsor link ]

このブログ記事について

このページは、katoが2010年2月 1日 09:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「"管理監督者"の判断基準は何ですか?(労働基準法第41条関係)」です。

次のブログ記事は「業務中のケガにより、労災保険の給付を受けています。今の会社を退職すると、現在の労災給付も打ち切りとなってしまうのでしょうか?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。