退職する従業員から、「離職票の退職理由を"解雇"にして下さい。」という申出がありました。実際の理由は自己都合なのですが、解雇としてもよいのでしょうか?(自己都合で退職するのですが、失業給付が早くもらえるらしいので、離職票の退職理由を"解雇"にしてもらいたいと思います。可能でしょうか?)

昨今の景気情勢から、早く失業給付が受けられるという理由だけで「どうせ退職するならば、退職理由は"解雇"がオトク!」という内容を堂々とオススメしている雑誌などもありますが、賢明な方法ではありません。実際の退職理由を曲げて申請をするということは、不正受給(詐欺行為)の助長となってしまいます。そのエネルギーを仕事や求職活動に費やすほうが、企業のためにも、本人のためにもプラスになると思います。

あづま事務所WEBへ

 [ sponsor link ]

このブログ記事について

このページは、katoが2010年2月 1日 10:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「労災申請の際に、医師の証明が必要です。文書料を支払わなければなりませんか?」です。

次のブログ記事は「離職票を紛失してしまいました。どうしたらいいでしょう。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。